大田区 大森から腰痛を無くしたい。平和島、大森町、大森東のむらやま接骨院から皆さんこんにちは。

本日は第3回目として熱中症が疑わしい時の応急処置のポイントについて詳しく説明していきます。

 

POINT① 涼しい場所へ移動しましょう

まずはクーラーが効いた室内や車内に移動しましょう。屋外で近くにそのような場所がない場合には風通りの良い日陰に移動し安静にしましょう。

POINT② 衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げましょう

衣服をゆるめて、体の熱を放出しましょう。氷枕や保冷剤で両側の首筋やわき、足の付け根などを冷やします。皮膚に直接水をかけ続けるのもとても効果的です。また、うちわや扇子などであおぐことでも体を冷やすことができます。

POINT③ 塩分や水分を補給しましょう

できれば水分と塩分を同時に補給できる、スポーツドリンクなどを飲ませましょう。嘔吐の症状が出ていたり意識がない場合は誤って水分が気道に入る危険性があるので、むりやり水分を飲ませる事はやめましょう。

 

※補足です。

熱中症が疑われるときは、ただ水分を補給するのではなく塩分も一緒に補給する事が重要です。目安として、1ℓの水に対して1~2gの食塩を加えた食塩水は、自分で手軽に作れるのでおすすめです。さらに、長時間のスポーツなどで失われた糖分を補い、エネルギーを補給するために砂糖などを加えると水分や塩分の吸収が良くなる上に、疲労回復ににもつながるのでより効果的です。

 

これからまだまだ暑い日が続きますが、十分な対策をして暑い夏をのりきりましょう!!

では、また(^O^)/