大田区 大森から腰痛を無くしたい。平和島、大森町、大森東のむらやま接骨院から皆さんこんにちは。

今回は食中毒の事についてお伝えしていきます。

夏になると心配になるのが食中毒。食中毒は飲食店などで起こる集団発生がよく取り上げられていますが、毎日食べている家庭の食事でも発生していますし、身近に発生する危険性がたくさん潜んでいます。厚労省の報告では、家庭の食事が原因の食中毒が全体の20%近くを占めているようです。今回は食中毒の正しい知識を身につけ食中毒を予防しましょう。

食中毒発生状況分類

食中毒の発生状況    食中毒の発生状況は1年中同じではありません。おおよその傾向では、寒い時期に食中毒の発生は少なく4月、5月と暖かくなるにつれ多くなり、7月から9月にかけての夏場に最盛期を迎えるといわれています。

食中毒の分類

・細菌性食中毒

O157やサルモネラなどの細菌による食中毒

 

 

・ウイルス性食中毒

ノロウイルスなどのウイルスによる食中毒

 

・化学性食中毒

食品に洗剤などの物質が混入したりして発生する食中毒

 

・自然毒性食中毒

毒キノコや自家調理のふぐなどを食べた時に発生する食中毒

 

・寄生虫性食中毒

アニサキスなどの寄生虫による食中毒

 

中でも発生の多いのがO157に代表される細菌性の食中毒で、全食中毒のうち90%程度を細菌による食中毒が占めています。細菌がまな板に付いていたとしても肉眼では見えません。しかし、目に見えなくとも簡単な方法をきちんと行えば細菌による食中毒を予防することが出来るのです。代表的な対策に食中毒予防の3原則がありますので次回、第2回目にて紹介させて頂きます。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また(^O^)/