大田区 平和島、大森町、大森東から腰痛を無くしたい|むらやま接骨院

むらやま接骨院から皆さん、こんにちは。本日はコロナウイルスについて詳しくお伝えしていこうと思います。

今、新型コロナウイルスの感染が世界的大流行(パンデミック)を引き起こしています。仕事やイベント、学校など私たちの日常生活の行動が制限され、感染への不安を感じる中、健康的に生活を送るために心がけたい事や正しい情報と知識を知り、自分や家族、身近な人たちの健康を守るために、いま私たちができる感染症への対策や知識を今回はお伝えしていきます。

感染症には負けない対策をしよう!!

コロナウイルスとは?

人に感染するコロナウイルスとは現在7種類見つかっています。その中の一つに今回世界的に大流行している『新型コロナウイルス(COVID-19)』があります。

この7種類のうち、4種類のウイルスは一般的な風邪症状の原因の10~15%を占めており多くは軽症です。

残りの2種類は2002年に発生した『重症急性呼吸器症候群(SARS:サーズ)』や2012年以降発生している『中東呼吸器症候群(MERS:マーズ)』です。

どのように感染するの?

新型コロナウイルスの感染において現時点でわかっていることは、飛沫感染(ひまつ)と接触感染の2つで空気感染は起きていないと考えられています。

飛沫感染:ウイルスに感染した人のくしゃみや咳などで体外へウイルスが排出されます。目に見えない細かさで遠くまで飛んでいき、その飛ばされたウイルスを直接口や鼻から吸い込んで感染します。

★屋内などで、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間過ごす時は注意が必要です。

接触感染:接触した人がくしゃみや咳をしたときに手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスが付着します。その部分に接触するとウイルスが手に付着し、その手で自分の鼻や目や口に触れると感染した人に直接接触していなくても感染します。

★感染場所の例として電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど

飛沫感染に似た感染経路で空気感染という言葉がありますが、飛沫感染と空気感染はどのように違うのか?というと、空気感染は別名「飛沫核感染」といい飛沫核(ひまつかく)とは、しぶき(飛沫)の水分が蒸発した小さな粒子のことを言います。

くしゃみや咳で排出されたしぶき(飛沫)は水分の重みがあるため通常は排出されるとすぐに病原体とともに床に落ちていきます。しかし、病原体の中には水分が蒸発するとそのまま空気中を漂うものがあります。感染力を保ったまま空気中をプカプカ浮いている状態です。はしか、水ぼうそう、結核はこの空気感染で感染することがわかっています。

飛沫感染は、インフルエンザやおたふく風邪、マイコプラズマ、百日咳、風邪(アデノウイルス・ライノウイルスなど)が知られています。

飛沫感染は咳やくしゃみなどをした時に少なくとも半径2m以内にいる人に感染を広げる可能性を持っています。そのため、風邪やインフルエンザ対策と同様に一人一人の咳エチケットや手洗い、うがい、消毒などの実施がとても重要となります。

 

咳エチケットとは?

飛沫感染での感染症は風邪をはじめ、インフルエンザなど数多くあります。この度の新型コロナウイルス感染症は、年齢や性別関係なく誰が感染してもおかしくないほど感染が拡大しています。体調不良の自覚症状がなくてもエチケットとして、咳やくしゃみをする際にはマスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って口や鼻をおさえましょう。特に屋内の電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要となります。

 

本日は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回はコロナウイルスがどんな症状でどんな治療がされているのか?また、免疫力を下げないためにはどうすれば良いのか?ついてお知らせしていきたいと思います。では、また(^-^)